切らずにできる整形!注射で完了するヒアルロン酸注入

豊胸術でも特に手軽なヒアルロン酸注入

メリハリのついたボディラインに憧れる女性は決して少なくはないはずです。そんな願いを叶える豊胸術ですが、実は様々な施術が選択でき、サイズアップしたいカップ数や希望の有無によって選ぶことが出来ますが、豊胸のために身体にメスを入れたくないという方には注射のみで完結するヒアルロン酸注入が大変人気です。ヒアルロン酸とは体内で作られる糖タンパクの一種であり、肌の保湿効果をもたらす成分としても有名です。そんなヒアルロン酸をバストに注入するのですから、バストの質感を損なわずにバストアップが出来ると、年齢を問わず選ばれている施術です。

ヒアルロン酸の注入がお勧めな場合は、1カップ程度のバレない程度バストアップを図りたい、という方やバストの形を整えたいという、バストのサイズや形状を少々いじる程度の希望がある方です。谷間を作りたい場合、全体的にボリュームを出したい場合などにもヒアルロン酸を注入する部位に差をつけることで対応できる施術の柔軟性も魅力です。人前で脱げる身体になりたい若い女性だけでなく、授乳をしたことでバストが垂れてしまった、という悩みを持つ女性にとっても心強い施術と言えるでしょう。施術後のダウンタイムも短くて済むことから、すぐに効果が実感できると大変人気です。

ヒアルロン酸注入術の注意点

メスを入れずともバストのサイズアップが期待できるヒアルロン酸注入術ですが、どんな症例に対しても対応できるわけではないことを覚えておかなくてはなりません。まず、ヒアルロン酸の注入する量はある程度限界があり、2カップ以上の大幅なバストアップを期待する場合は選ぶことが難しいという点を覚えておかなくてはなりません。また、ヒアルロン酸はそもそも体内に存在する物質であるためにアレルギーを起こしづらいというメリットはありますが、ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまう物質であるために豊胸効果が1年程度しか続きません。永続的にバストサイズをアップさせたいというのであれば、ヒアルロン酸注入術以外の施術を選びましょう。

また、メスを入れることはないため、美容外科の先生の手によってヒアルロン酸の注入する部位や量が決定されます。そのため、バストの形を整えようと思ったら少し凸凹になってしまった、というケースもあることを理解しなければなりません。ヒアルロン酸の体内への吸収が進めば、この凸凹は特に目立ってくるでしょう。そのため、腕のいい美容外科医にかかるというのは、キレイなバストを確実に作りたいのであれば最早必須と言えるかもしれません。信頼できる美容外科医院で施術を受けましょう。