2カップ以上大きくするなら!オーソドックスなシリコンバッグ挿入

シリコンバッグ挿入は胸を確実に大きくしたい人におすすめ

胸が小さすぎて悩んでいるという女性は少なくありません。そもそもバストは女性らしさを象徴する存在なので、もっと大きくしたいというコンプレックスを抱えていても不思議ではないです。確実にバストを大きくしたいという方におすすめなのが、シリコンバッグ挿入です。これは、皮膚を数センチほど切開してからシリコンバッグをバスト内に挿入する施術のことです。

シリコンバッグ挿入の最大の魅力は、自分の希望の大きさのバストを手に入れられることと言えるでしょう。挿入したバッグの大きさだけ確実に胸が大きくなります。ヒアルロン酸や脂肪注入による豊胸施術もありますが、注入量に限度があったり、施術後にどのくらいのバストアップが望めるのか分からなかったりします。その点、シリコンバッグ挿入は自分の体形や希望に合わせてシリコンを選べるのが魅力です。

その他にも、シリコンバッグ挿入の場合、豊胸効果が持続することも優れている点です。ヒアルロン酸注入や脂肪注入だと、年月の経過とともに体に吸収されてバストが小さくなってしまいます。その一方、シリコンは一度入れれば時間の経過で変化することがなく、いつまでも希望のバストをキープすることが可能です。

シリコンバッグ挿入の注意点

シリコンバッグ挿入はバストを希望のサイズまで大きくできますが、施術を受ける際はいくつか注意すべき点があります。まず、施術後は傷跡が残ることを認識しておくべきです。施術をする際は、脇の下や乳房の下をメスで切開してからバッグを挿入することになります。その時にできた傷跡は時間の経過とともに多少薄くなりますが、完全に消えることがありません。温泉やプールに出かけた時に周囲に施術を受けたことがばれてしまう可能性もあるので、注意しましょう。さらに、施術を受けた後は、抜糸や経過観察のためにクリニックに何回も通院しなければいけないことも覚悟しておきましょう。

その他にも、豊胸でシリコンバッグを入れていると、乳がん検診のマンモグラフィーを受けられないことがあります。マンモグラフィーはバストを押しつぶすようにして異常がないか検査するので、バッグが破損する恐れがあるからです。したがって、会社の健康診断などで事前にバッグの有無があるか聞かれて、断られてしまう可能性が高いです。 ただし、近年の医療の発達のおかげで、シリコンバッグが入っていてもマンモグラフィーを受けられるクリニックも稀にあります。したがって、シリコンバッグ挿入を受ける前に、乳がん検診が受けられるクリニックを確認しておくと良いです。