自分の脂肪でバストアップ!部分痩せも叶う脂肪注入

自分の脂肪でバストのサイズアップを

バストのサイズアップをして、メリハリのついたボディラインを手に入れたい女性は決して少なくはないでしょう。豊胸術にもシリコンを外科手術によって挿入する方法やヒアルロン酸注入術がありますが、自家脂肪注入術も大変人気です。その理由は自分の不要な箇所から脂肪を取ってきてバストへと注入することが出来る、脂肪の配置換えが出来る、という点です。太腿や腹部などの脂肪が付きやすい部分から脂肪を吸引して、バストへと注入し直すことでバストのサイズアップを図ることが出来ます。脂肪吸引が目的で施術を受ける患者さんであっても、部分痩せのために来院した美容外科でバストのサイズアップまで叶えてくれるとあって、一石二鳥な効果が人気の秘訣です。

脂肪注入術のメリットは何と言っても、自分の組織であるためアレルギー反応を起こしたりするリスクが非常に少ないという点、そしてバストを触られたときでも豊胸術を受けたことが露見しづらい自然な手触りが実現することです。バストの質感を損なわずに、バストのサイズアップが期待できるとあって大変人気です。ただし、別の個所から注入する脂肪を採取してこなければならないため、それが出来ない痩せ型の方であれば施術を受けることがなかなか難しいということも知っておいたほうがいいでしょう。

アップするカップ数は予想できない

脂肪を注入する上で気がかりなのは、実は脂肪を注入する時点ではどの程度バストのサイズアップが期待できるかは分からないという点です。脂肪は注入すれば必ずそこに留まり続けているわけではなく、一部は吸収されエネルギー源として利用されてしまうのです。どの程度吸収され、どの程度の脂肪がバストの中に残るのか、という点は施術を施行した時点では決して明らかではありません。例えば左右のバストでカップ数が変わってしまうなどのトラブルの原因になるこの問題ですが、近年より多くの脂肪をバスト内に残すために大切なことが分かってきました。

バスト内にたくさんの脂肪を残すために必要なのは、血行です。より血行が良好であれば吸収される脂肪の割合は少なくて済み、結果として注入した分だけバストのサイズアップが期待できます。血行を保つためにはバスト内に目一杯脂肪を注入しないこと、血行を悪くする生活習慣を止めることです。サイズアップを期待してたくさんの脂肪を詰めてしまうと、圧力が高まることで血液がバスト内に入れなくなり、血行が悪化して脂肪定着を妨げます。ですので、脂肪注入でサイズアップできるのは半カップから1カップ程度だと言われています。加えて、喫煙などの血行を悪化させる生活習慣を止めれば、脂肪の定着はより起こりやすくなるでしょう。